メニュー 閉じる

ディスプレイ(モニター)選びの注意点

ディスプレイ(モニター)

■モニターはどのように選ぶ?

本日、以下のようなFacebook投稿
 ↓↓↓

 
書いている最中のモニターが真っ暗に・・・
マウス動かしても、キーボードたたいても
電源入れ直しても、ウンともスンとも
言いません。

あわてて以前使っていたモニターを出して
来て、つなぎ直して画面を見ることが
出来ました。

おかげで、Facebook投稿するのが、
遅れました。

昔のモニターなので、画面は小さいし、
解像度が悪いので使いにくいです。

さすがに、このままですと仕事出来ない
ので、安いモニター買いに行こうと
思います。

■モニター選ぶポイントとは?

ディスプレイ(モニター)

いろいろ選び方があると思いますが、
私は以下の点を気をつけています。

①画面の種類

現在はほとんどTFT液晶なで気にしない
でも良いと思います。
ただ、TFT液晶よりグレードが上がると
その分高くなります。

『視野角』も重要になります。
視野角が狭い少し横から見ると、見にくい
時がありますので注意してください。

【視野角について詳しくは?】

『光沢液晶(グレア液晶)』か
『非光沢液晶(ノングレア液晶)』どうか
も好みの問題ですが重要です。

【光沢液晶と非光沢液晶の違いは?】

②画面サイズ

『ノーマル ディスプレイ』か
『ワイド ディスプレイ』で大きく違います。

用途や置くスペースにより変わりますが、
問題なければ、『ワイド ディスプレイ』
で良いと思います。

一番気をつけないといけないのが、
『ワイド』の方が、『ノーマル』より
小さくなりますので、『ノーマル』から
ワイドに変える時は1、2ランク上の
サイズを選ぶようにしましょう。

【画面サイズの詳細については?】

③解像度

値段が安いからといきなり飛びついては
いけません。

画面サイズが大きいのに、解像度が低いと
結局画像が荒くなり、綺麗な画像には
なりません。

解像度には十分気をつけましょう!

【解像度の詳細については?】

④視野角

視野角が狭いと、横から見ると画面が
見えなくなります。

通常作業では問題ないと思うが、
2画面以上を同時に使う場合や、
打合せやプレゼンに使う場合は少し
注意した方が良いと思います。

【視野角の詳細については?】

⑤入力端子の種類/数

入力端子の種類は「HD15(D-Sub 15pin)」
と言うアナログ端子と
「DVI 端子」と「HDMI 端子」の2種類の
デジタル端子がある。

「HDMI 端子」は今では多くのデジタル
テレビ使われているのでご存じだろう。

「DVI 端子」にはDVI-A、DVI-D、DVI-I の
3種類があります。
今では主に「DVI-D」を使用するので、
必修と言えるでしょう!

モニターには「HD15」「DVI-D」「HDMI」
の3つがあれば理想的ですが、
自分の仕様用途や予算応じて、選ぶと
良いと思います。

【入力端子の種類/数の詳細については?】

⑥スピーカー内蔵有無

ディスプレイの中には、スピーカーが
最初から付いているものもあります。

これは一見良さそうですが、大抵
ディスプレイ付属のスピーカーと
いうものは性能が低く、音質は
期待できません。

でもスピーカーを置く場所がない時や、
仕事にしか使わないので音質は
どうでもいいという時は、スピーカー
付属のものがいいでしょう。

大きい音量や綺麗な音質を望むなら
別途スピーカーを購入する事を
おススメします。

予算が少ないなら省いても良い機能
です。

 
他にもいろいろ機能があますが、
多くの事を覚えるのは難しいですので
上記6点を押さえていれば、
私は個人的にはいいと思います。

興味ある人はもっと調べてみて、
くださいね!

少しは役に立ちましたか?
良かったら、この記事へのコメント
お待ちしています。
 ↓↓↓


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください