メニュー 閉じる

内部SEO対策ためのサイト分析-コンテンツ分析

内部SEO対策た

■内部SEO対策はコンテンツが重要

内部SEO対策た

昨日の投稿
【内部SEO対策に必要なポイントの調べ方】
で自分のサイトの現状把握の
仕方を理解頂けましたか?

今日はサイト分析について書いて
いきたいと思います。

 
最初は以下の項目です。

■コンテンツ(文章)分析

現在、Google(Yahoo!)の順位は
“ページの価値”がもっとも重要な
要素になってます。

すなわち、内部SEOのためには
記事の内容が最も重要なのです。

コンテンツは以下の項目で
評価されているので、是非確認して
ください。

・総文字数
・キーワードの使い方
・関連キーワード数
・内容

 

①総文字数

身近過ぎてもいけませんし、
長すぎてもいけません。

大体、1800~30000文字ぐらい
が良いとされています。

 

②キーワードの使い方

文章中のキーワード出現率は
重要な項目です。

検索したいキーワードが文章中に
1つも入っていないと言うのは
不自然ですし、あまり出てくると
文章的に不自然になります。

 

③関連キーワード数

メインのキーワード以外にも、
関連キーワードがいくつ入っているか
も重要になります。

◎関連キーワードとは?

メインキーワードが
『WEB戦略』だとすると。

関連キーワードは
『WEB戦略 大阪』
『WEBサイト 戦略』
『WEB戦略とは』
など、

メインキーワードが検索されると
同時に検索されるキーワードです。

文章中に関連キーワードもバランス
良くおりこまれている必要が
あります。

 

④内容

キーワードは重要ですが、
それを重視しすぎて内容がわかりにくく
なるのはダメです。

あくまでも、訪れてくれた読者目線に
たった内容にしてくださいね!

今回は以上です。
続きは明日以降に書きたいと思います。

上記の項目を参考SEOに強い、
コンテンツ作りしてください。

 
今日の記事いかがだったでしょう!
ためになった是非実行してくださいね!

今日の記事で学んだことがあったら
コメント・メッセージで
教えてくださいね!

 
少しでも役にたったら応援のため
1日一回クリックお願いします。
↓↓↓
【人気ブログランキングへ】

Facebookもやってます。
良かったら友達申請申請くださいね!
その時は自己紹介もお忘れなく!
【小川すすむへ友達申請】

コメントお待ちしています。
↓↓↓


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください