メニュー 閉じる

値段を安くすることで差別化するという罠


■値段を安くするのは差別化ではない!

よく考えられる差別化方法として、値段を
下げるという方法があります。

あえて書きますが、値段を下げるということは
差別化ではありません。

特に中小企業や個人企業では自殺行為と
同じと思っても過言ではありません。

前々回の朝投稿で書いた差別化の条件を
思い出してください。

差別化とは?
■■他のライバルにない欲求を満たすこと■■
です。

さて、料金を安価で勝負することは、
差別化でしょうか?

顧客は安価にすることで、確かに満足するかも
知れませんが、その欲求は果てしなく貪欲に
なります。

きっと顧客はあなたより安い価格を探し出す
でしょう。

もちろん、あなたのライバルも値下げして
きたらどうでしょう?

もし、相手が資金豊富な企業ならどうでしょう?

顧客を獲得するために、どんどん価格競争に
巻き込まれてしまいます。

価格競争になれば、あなたもあなたのライバルも
きっと得することはありません。

例えば日本マクドナルドの場合です。

市場がデフレに傾いたときに、
一時日本マクドナルドは、低価格路線を
とって経営不振になったことがあります。

あの日本マクドナルドさえ失敗したんです。
あなたがうまくいくと思いますか?

あなたが価格競争に巻き込まれた末の結末は
今以上に経営不振になるか?
悪くしたら、倒産になってしまいます。

ですから、あなたは価格を上げることは
あっても、価格を下げることはしないで
くださいね!

ただ、他が価格を下げるのに自分だけが、
価格を下げないのは不安だと思うかも
知れませんが、価格以外の差別化さえ、
できていれば、何も恐れることはありません。

 

■たとえばこんな事例があります。

家電販売の業界は大手の価格競争に拍車が
かかっています。

また、リアル店舗で説明や実物を見て、
安いインターネットで購入するという
現象まで起こっています。

ものが同じであれば、消費者はより安い価格
を求めるのです。

そんな中、ある中堅の家電販売の会社は、
定価販売に近い価格でも、家電を売り続け
ています。
(すいません。会社名忘れましたm(_ _)m)

なぜそのようなことが出来るのでしょう。

この会社の電気の扱いの弱い、中高年齢層を
ターゲットにして、サポート体制を
充実しています。

家電の出張修理から、新しい商品の使い方の
説明や使用できるまで設置、電球が切れた時
の交換まで、電気の全般のことなら何でも
します。

そして、訪問・修理や配達のついでに、
家電以外の商品も配達することもあります。

徹底的に顧客とのコミュニケーションを
重視して、親密度を高めています。

顧客にとってはこの電気店はとっても便利な
存在なので、少しくらい値段が高くても
家電製品をこの会社から購入するのです。

この会社は、今後家電の価格競争には
巻き込まれないでしょう。

この事例から学べることは、何処でも
売っている商品でも、ターゲットを絞り、
独自のサービスを提供することで、
ライバルと差別化できる良い例です。

あなたもこの事例を応用して、
ライバルと差別化してみては、いかが
でしょうか?

次回は
【差別化は特殊なことが必要ではない】
については書いていきたいと思います。

あなたは差別化を明確にできてますか?

次の投稿まで待てない!
できるだけ早く、自分をライバルと差別化
したいと思うあなたは?

いつでも気楽に【お問合せ】くださいね!

 

【宜しければこの記事にコメントいただくと嬉しいです。】

 

最近、いろいろ忙しくてコメントへの
返信間に会っていません。

この場をかりまして、お礼申し上げます。
時間を見つけて、素敵なコメント頂いた方には
返事していきたいと思います。

さあ、今日も1日頑張りましょう!

この投稿『良い!』と思ったあなたは!
『シェア』してあなたの友達も教えてあげて
くださいね!

 

■facebookページでも以下の投稿してます。

あなたの心を癒し応援する今日の一言は?
↓↓↓
【誠実を学び、希望を語り教えろ!【今日の一言】】


あなたは何者か自分でご存じですか?
仕事的にそれを知らないのは致命的です。
↓↓↓
【ブランディングはあなたを明確に!】


(上記がアクセス出来ない場合は
メッセージでご連絡ください)

 

■今日のフェイスブック投稿

↓↓↓
【値段を安くするのは差別化ではない!】

フェイスブック(Facebook)しているあなたは、
ログインして『いいね!』『コメント』
頂けるとうれしいです。

 

■今日の一言は下記をご覧ください

↓↓↓
【目標は決めてこそ行動出来る【今日の一言】】

 

■今日の画像です。

↓↓↓

風景はイメージで見るものです。
この画像であなたが癒さればと思います。
(^_-)-☆

 

□□□□□□□□□□□□□□□□□
□※ブログ以上の情報ほしい人は※□
□メルマガ登録もお待ちしてます。□
□□□□□□□□□□□□□□□□□


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1 件のコメント

  1. ピンバック: 差別化は特殊ことが必要と思う罠 - ZERO c.p.t. 稼げるweb戦略&ホームページ作成

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください